【鎌倉NIPPON 08】霧雨、mobile ASCII

【鎌倉NIPPON】記事リンクまとめはこちらです。 【鎌倉NIPPON 09 INTERVIEW】読者の登場
20100701085355 その日の鎌倉は、雨だった。降っているというよりも、身体にまとわりつくような霧雨。僕が鎌倉を訪ねて、雨だったのはこの日だけだ。@entrypostmanさんと@appbank君は、わざわざ駅まで迎えにきてくれていた。 「倉西さん、あれ、どう思いますか?」。 @appbank君はいつも、僕の顔を見た途端に最新の話題を振ってくる。たいていの場合は、その日のAppBankの朝刊に載ったような話題か、セール情報、もしくは最新のレビュー記事で紹介されたアプリの話だ。鎌倉を訪ねるのは、いつも昼ごろだ(この日は、少し遅かったが)。移動時間も短くはないので、僕にとってはその日の最初の仕事であることが多いのだが、彼らは午前5時から作業している。仮に9時始業にたとえて考えると、昼の時点ですでに夕方だ。その日の話題がたまっていてもおかしくはない。 @entrypostmanさんと@appbank君と歩く時、沈黙は一切ない。iPhoneについての会話は一瞬も途切れることがない。傘をさしていても、それは変わらなかった。ただ、この日がいつもと違ったのは事務所には向かわなかったことだ。鎌倉駅から事務所に向かう途中のカフェ。「ここは店の中に喫煙席があるんです」と言いながら@entrypostmanさんが店に入っていったが、いつからルールが変わったのか、喫煙はテラス席のみということだった。タバコを吸わない@appbank君にとってはいい迷惑だったのだが、風が吹くと濡れてしまうようなテラス席についた。 席につくやいなや、おもむろに@appbank君がMacBook Proを開き、発表されたばかりのiPhone4の価格に関する記事を書きはじめ、目と鼻の先の事務所にいる@kazuend君と電話でやりとりをはじめた。mobile ASCIIのためのインタビューは、その記事がAppBankに公開されてからはじまった。 「倉西さん、吉田さん、ちょっと御相談があるんですけど」。 中島編集長から、MacPeopleの吉田編集長と僕に声がかかった。「御相談が……」などと言われたら、まず「めんどくさい」と考える。感じるのではなく、そう考えるようにしている。最初から積極的に企画に向かってしまうと、僕は「自分は一人しかいない」「一日は24時間しかない」という基礎的なことも忘れて際限なく作業しようとしてしまう。「めどくせぇなぁ」くらいで話を聞いていた方が、結果としてうまくバランスがとれることが多い。 6月末にmobile ASCIIという増刊号を考えている、この増刊はiPhone、Android、ガラケー、3つとも扱うものだ、そのiPhone部分を吉田編集長と僕に担当してほしい。中島編集長の話は、およそこういうことだった。この4月、僕は吉田編集長が手がけたiPhonePeople創刊号のゲームページを担当した。その流れで話がきたのだろう。3つのプラットフォームを扱う150ページほどの増刊なら、まぁ、順当に考えればiPhoneが50、60ページほどで、その全体を吉田編集長が仕切って、その中に6ページか8ページほどゲームページがあって……という僕の予想は裏切られた。mobile ASCIIの構成案は、そんなシンプルなものではなく、最大10ページ程度の特集が、言葉は悪いがいくつも雑然と並んでいるというものだった。個人的には「雑」誌なので、こういう読者を惑わせるような構成は好きなのだが、IT系の情報誌ではどうだろう……。 KARAREMICHIコーナー。 どうだろう……どころではなかった。構成案のど真ん中に10ページ程度のスペースがあり、そこに見慣れたアルファベットが並んでいた。 「ナカジさぁ、これなに?」。 「狩られ道さんのコーナーです」。 「誰だよ? 狩られ道って」。 「倉西さんです。iPhoneの企画です」。 「なにやんの?」。 「倉西さんが、普段、iPhoneを触っていてですね、いろいろ感じることとか、考えていることとか、ぶわぁーっとですね……」。 「もういい、わかった」。 雑誌の企画は、こんなふうにはじまることも多いのだが、このミーティングの段階でAppBankを取材してiPhone市場とユーザーの流れを考察する企画、タイトルは「鎌倉JAPAN」という大枠はあっさり決まった。そして、mobile ASCIIに関するミーティングは、結局、この一回しか開かれなかった。出張の多い中島編集長とのやりとりは、すべてメールで行われたからだ。 「どーんと大波に乗ったつもりで」。 「鎌倉JAPAN」。その企画骨子をAppBankの二人に送り、鎌倉の事務所を訪ね、簡単に説明しようと思ったのだが、@appbank君から返ってきた第一声はこれだった。 「大丈夫です、任せてください、やりますよ、この、講演依頼大殺到の@entrypostmanが! 6月だけで3回? 村井先生、3回だっけ? とにかくビッグウェーブが来てますから」。 その場で訂正はしなかったが、乗るなら大船だ。大波に乗るって、それ、ひっくり返るってこと? とは言わずに、僕は「本当にやる? この企画」ということだけ再度確認して東京に戻り、二人にメールを打った。 インタビューの場所は、事務所以外でお願いします。 僕が二人にお願いしたことはそれだけだった。これは直感のようなものなのだが、東京に呼び出すまではしなくても、彼らをAppBankという場所からは引っぱり出す必要がある。そう感じていた。もしかすると、逆だったかもしれない。AppBankの事務所では、僕がくつろぎすぎるのだ。 結果、霧雨のテラスで行われたインタビューは2時間以上に及ぶ内容の濃いものになった。インタビューとしては大成功だったのだが、とても8ページの誌面で収まるものではなかった。そのことが、誌面企画「鎌倉JAPAN」と対をなす本稿「鎌倉NIPPON」のきっかけである。 ※この文章はmobile ASCII掲載「鎌倉JAPAN」の取材記として書かれています。内容は、倉西自身の主観に基づくものです。
【鎌倉NIPPON 01】五島の庭で 【鎌倉NIPPON 02】新ゲーム総合誌 【鎌倉NIPPON 03】直感 【鎌倉NIPPON 04】コンテンツを消費するスピード 【鎌倉NIPPON 05】ジャーナリズムではなく 【鎌倉NIPPON 06】トリニティ 【鎌倉NIPPON 07】横浜中華街 【鎌倉NIPPON 08】霧雨、mobile ASCII 【鎌倉NIPPON 09 INTERVIEW】読者の登場 【鎌倉NIPPON 10 INTERVIEW】棒立ちの戦場 【鎌倉NIPPON 11 INTERVIEW】不在 【鎌倉NIPPON 12 INTERVIEW】カタログ 【鎌倉NIPPON 13 INTERVIEW】胎動/蠢動 【鎌倉NIPPON 14】路上 【鎌倉NIPPON 15】ユー・アー・マイ・フレンド 【鎌倉NIPPON】あとがき、行方 【鎌倉NIPPON】記事リンクまとめはこちらです。

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

 
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 
Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

 
Minecraft: Pocket Edition

Minecraft: Pocket Edition

  • Mojang
  • ゲーム
  • ¥840
Minecraft: PlayStation Vita Edition - PS Vita

Minecraft: PlayStation Vita Edition - PS Vita

 
【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition

【PS4】Minecraft: PlayStation 4 Edition

 
MINECRAFT: Wii U EDITION

MINECRAFT: Wii U EDITION

 
Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)